株式会社武田機械

製品・技術情報

製品・技術分野
両頭フライス盤
製品・技術詳細
両頭フライス盤は材料を両側から同時に面削する機械であり、主に金型の元となるプレートの側面加工を誰でも高精度で行うことができます。本製品は国内シェアナンバーワンを誇っています。 本製品は、品質の高い金型用プレートを作るための熟練工の技術・経験・知識といったノウハウをデジタル化(数値制御化)し、誰が加工を行っても高精度の加工が行える(再現できる)機械です。本製品により、加工時間が劇的に短くなり、工場の生産性が飛躍的に伸びました。 金型プレートの加工のみならず両頭フライス盤の高い加工能力や加工精度を評価され、マニホールドやエンジンブロックの側面加工といった分野でも活躍の場が広がっています。
特許状況・実用新案

企業情報

会社名
株式会社武田機械
フリガナ
タケダキカイ
代表者名
山口博徳
所在地
918-8034
福井県福井市南居町81-1-70
TEL
0776-33-0043
FAX
0776-33-3343

ホームページURL
http://www.takeda-kikai.co.jp
業種分野
一般機械器具
資本金
5000 万円
設立
1970年8月
従業員数
110 人
事業内容
金属加工用工作機械及び機器の製造・販売
設備
サークル活動
(ISO取得等)

page top↑